個別指導塾の長所と短所

個別指導ってここが良い

受験は学生たちにとってやり直しのきかない大勝負。志望校に合格できるかどうかに今後の人生がかかっているため、学生本人もその家族一同も、気を抜くことができません。そんな受験の時期が我が子に近づいてきたら、「塾に入れなくては。」と考え始める方もいますよね。しかし塾と言っても様々なタイプの塾があります。そんな中で、個別指導塾を選ぶメリットについてお話ししたいと思います。 まず個別指導塾は先生と生徒が一対一で授業をするため、個人にあったスピードで学習を進められます。そのため学校の授業がはやくてついていけてない学生にはうってつけです。そして、一対一だと先生に質問がしやすいため、気が小さくて学校の授業中など人前で質問するのが苦手な人でも安心してわからないところを解決することができます。わからないところを時間をかけて教えてもらえる個別指導塾は、学校の授業で不安がある生徒にとって魅力的ですよね。

良いことばかりとは限らない個別指導塾

一見、勉強が苦手な学生にとって良いことばかりに見える個別指導塾にも、デメリットはあります。まずは何といってもお金がかかることです。多くの人数の生徒を一人の先生が教える集団塾に比べて、個別指導塾の方が入会費や月謝が上回ることがほとんどなのです。一人の生徒にそれだけ時間を割いてくれているので、これは仕方のないことですね。 そして次に挙げられるのは、他の生徒との差が分かりにくいために自分がどれくらいの立ち位置にいるのかがわかりにくいということです。一人で黙々と勉強を進められる人なら問題はないかもしれませんが、誰かとライバル意識を持つことでモチベーションが上がる、といったタイプの学生には向いてないかもしれません。 一様にこっちのほうがいいと断言することはできませんが、教室見学や体験をしてみて個別指導塾があっている性格かどうか見極めてみてはいかがでしょうか。

大学受験の個別指導塾は高めの費用になるものの、レベルに合った指導対策を行ってもらえるメリットがあります。