受験対策の場合の費用

支払うお金は塾によって違う

受験対策で塾に通う場合、塾によって支払うお金はかなり違いが出てきます。まず、ほとんどの塾で必要になるのが入会金です。入会金が不要な塾も増えていますが、そういった塾でも入会金に相当するものの支払いが必要だったりすることは多いので、基本的には必要なお金と考えておいたほうが良いでしょう。5,000円から2万円程度と塾によってかなり違いがありますが、支払うのは入会時の1度のみです。時期によってはキャンペーンなどを行っている塾も多いので上手く活用すると良いでしょう。教材費も当然必要です。授業料に含まれているケースもありますが、1科目4,000円程度が入会時に必要となります。運営費も授業料に含まれているケースがありますが、毎月1,000円程度かかります。

注意しなければいけない点

塾の費用で注意しなければならないのが授業料についてです。例えば、授業料が月額1万円の塾があったとします。しかし、この1万円の内訳がどうなっているのかは塾によって異なるのです。基本的に授業料は1教科ごとに必要となるケースが多いので、受講する教科の数分の授業料を支払わなければなりません。教科によって授業料が異なるケースもありますので、事前によく確認しておく必要があるでしょう。また、受験対策においては夏期講習や冬期講習など学校が休みの期間を利用した集中授業に参加することも考えなければなりません。当然、夏期講習は別料金になるのでどれくらいかかるのか聞いておくと良いでしょう。夏期講習だけの受講なども可能です。

学習塾は、中学生と高校生とで別々に別れていることが多いです。中高一貫の塾は、学習をスムーズに移行することができて、よいといわれています。