授業フォローの場合の費用

塾のコンセプトによって多少違う

個別指導塾と一口にいっても、授業内容は受ける生徒によって大幅に変わります。受験対策のための5教科と小論文を受けるという人だけではなく、授業内容をフォローしてほしいという人もいるからです。どんな授業内容を希望しているのかは、入塾前の面接であらかじめ相談の上決定します。そのため、個別に指導を受けるまえに、どんな授業を受けているのか、教科書などを参考にあらかじめ確認をすることが多いです。また、塾によっては大学受験ではなく、学校の授業をベースとして予習・復習をサポートすることを専門としている塾もあります。専門的に行っている塾の場合は、1ヶ月2万円前後としているため、教科別に教えているところよりも割高です。

塾によって多少費用に幅がある

基本的に個別指導塾で教える内容としては、学校で教える問題集だけではなく、学校の授業内容や教科書などの情報からが多いです。そのため、最初の面接時にどれくらいの情報を塾側に出せるかが、授業内容の大きな違いとなるでしょう。指導方針としては生徒や講師によって多少異なるため、授業の進み具合は異なります。1ヶ月当たり授業を受ける生徒の年齢によって異なりますが、1万円から2万円前後が授業をフォローする費用とされているため、参考にしてください。大学受験をメインとした場合、これよりも高くなる塾が多いです。しかし、授業フォローだけであれば、比較的割安な価格でサポートしている塾が少なくありません。どんな授業を行うのか、体験学習などを参考にして塾を選ぶ人が多いです。

冬期講習とは学習塾の世界では年末から年始にかけて行われるもので、この短期間だけ授業に特別参加する生徒もいます。